« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月28日 (月)

みんちゃん

500←生後3ヶ月のみんちゃん♂です♫

わし、きょうから子猫のかあちゃんになりましたぜ♫実はこの1ヶ月ぐらいペットショップで売れ残ってるアメショの女の子を迷ってましたの。救出するんだ!みたいな自分勝手な正義感?でした。ひとりでうんうんなってて、で、よし!と決意してきょうペッショップに行きました。そこでみんちゃんに会いました。エキゾチックちゅう種類だそうです。「ちょっと抱かせてもらっていいですか?」とお店の方にお願いして3ヶ月のみんちゃんを膝に乗っけてると「うちの子もここで出会ったんですけど、本当に性格がよくてね家族みんなで夢中になってるんですよ、いいですよエキゾチックの子って」とたまたま居合わせたお客さん?から声をかけてもらいましたの。たいがいのエキゾチックは顔がもっとぺしゃんとしてて「ぶさいくなのよ〜」らしいんですが、みんちゃんは「この子アイドル顔でしょ!」とペッショップの方が力説するぐらいのアイドルビームやったです。わしイチコロでした。。。ごめんよアメショの気の強い子!!!(正義感あてにならんね。。。)
501 ←たて篭り現場に「ねこの気持ち」のふろくの毛布を差し入れました。
ずいぶん昔に実家で野良猫の赤ちゃんを育てたのですが、ほとんど母が面倒をみていたので自分で動物のお世話をするのは今回が初めてなんでごわす。ドキドキしながら帰宅後みんちゃんを箱から出しました。みんちゃん(ミントという仮の名前をつけました)はささーーっと部屋の片隅の本箱の下に潜り込みました。その後もだっこしてもドキドキしていて緊張感がビリビリに伝わってくるので、とりあえずごはんを食べてもらおうとしましたが、、、、食べまへん!ペッショップの方が「きょうは食べないかもしれません」と言ってたのであきらめましたが。。。とにかく部屋の片隅の隙間に潜り込みエスケープしまくります。野生の証明かい!(しーーーん)ほっとくと「ミュー」と鳴きます。「お家に帰る〜」に聴こえます。いやあんたの家はここなんやでーブラッシングしよか?逃げます。ごはん一粒でも食べて、、、逃げます。水飲んでおくれ〜。。。
503 ←汚いとこばっかに逃げます。探索中なんかにゃ?
わかったみんちゃん。もうキミの好きに探索して逃げ回っていいよ。高波に連れて行こうと思ったけど、それは無理そうなんで明日はゆっくりしといてくれたまえよ。きっとすぐに慣れるから哀しまないでおくれよ。かあちゃんもオドオドしないようがんばるからの♫
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
ちゅうことで、きょうもここへ来てくれてどうもありがとうdog お互いが心を開いてラブラブになれる日を夢見てみんちゃんのお世話がんばっちゃうもんね〜♫

| | コメント (2)

2013年10月15日 (火)

直島に行ったよ♫

491←草間さんの黄南瓜♫言葉はいらん!

14日月曜日に日帰りバスツアーで直島に行って来ましたぜ♫すこぶるいい天気であこがれのアートの島を満喫できました!こんばんはわしですdog当日は新大阪6時40分集合だったので5時起きで友人と6時前に西宮北口で待ち合わせましたの。3連休で人気のツアーでもあり集合場所には大型車とマイクロの2台のバスが、、、。わしらはマイクロでした〜〜〜(ガーン)だが運転手さんがとっても温厚でいい感じの方で安心してバスに乗れました(運転に人柄現れますから!)
496 ←フェリーで移動♫ いい景色!
10時過ぎに宇野港に到着し→11時発の直島行きフェリーで→11時20分に宮浦港に到着♫この日は連休バージョンで地中美術館直行の特別バスが出ていたので即行でそのバスに乗り→地中美術館チケッセンターにGOよ!地中美術館は入場制限があり、チケットセンターで入館時間の予約チケットをゲットしてから→その時間にあわせてそれからの観光行動パターンが決まるんですわ。だから混雑時はせっかく地中美術館をお目当てに直島に来たのにチケットがとれなかった!ちゅう残念なことも普通にあるとこなので要注意なんですぜ!!!(フェリー内でチケット状況のアナウンスがあり助かりましたもん)
497 ←ベネッセハウスミュージアム♫
無事チケットセンターで「15時15分入館」の予約チケットをゲットして→そこから無料のシャトルバスに乗って(約6分)ベネッセハウスミュージアムに到着♫まずはお目当ての和食レストラン「一扇」にGO~♫ ランチの予約をしてから人数待ちの時間に館内のアート作品を見て回ることに♫ 実は今回地中美術館がメインだったのでベネッセはそんなに期待してなかったんですわ。それが!それが!めちゃめちゃよかったんで!期待してなかった分よけいにテンションが上がりました(笑)展示も現代アート&ポップな作品が多くて→見て回りながら元気が注入されましたよ♫
493 ←ヘルシーな和食ランチ♫
ツアーにミールクーポンがついてたのですが、ベネッセハウスに宿泊された方のブログに「お食事がとても美味しかった」とあったので、B1Fの「一扇」で1900円のランチを注文しました♫ワタシも友人も「天丼のセット」を選んだのですが、他に「鯛茶漬け」「そうめん」セットもあってそちらには+茶碗蒸しも付いてますの。全部美味しかったのですが、南瓜の蒸し物の中に海老が入っいてるのが最高でした!デザートのみかんゼリーも「季節のみかんで作られた優しい味」で美味しかったです♫
492 ←素晴らしい景色に目が深呼吸よ♫
直島滞在時間は6時間ほどなのでゆっくりはしてられまへん!ベネッセハウスから10分ほど歩いて「つつじ荘バス停」まで行き→そこから家プロジェクトのエリア「農協前」までバス移動しなくてはいけないのじゃ。この「予定制覇するためにせかせか移動モード」は意外にワクワクして青春してて「なんか楽しいぞ〜」と笑顔でせかせか移動できました!美術館は高台にあるのでそこから眺める景色は最高に美しくて、バスや徒歩での移動中もずっと海岸や海や島々を眺めながらなんで「瀬戸内海は日本の地中海ちゅうのがわかるわぁ〜」でしたよ(笑)ちょっと海外旅行気分にもなれますぜ!
490 ←どこから撮っても絵になる草間作品!
つつじ荘バス停の前の海岸に草間さんの黄南瓜があり、そこは人気撮影スポットと化してました。この作品をこの場所に展示したことが「アートや!」と思いました。作品が大きいので人が沢山いても→南瓜の部分を切り取って撮影できますぜ!背景が海なので誰が撮っても「アート」に撮れますぜ!それを仕掛けた方=直島をアートの島にした方=最高ですぜアリガトウ。
498 ←静寂の護王神社。神殿への階段がガラスなのわかる?
家プロジェクトは今回の滞在時間に全部は見れないので、特に見たかった護王神社に向かいました。農協前バス停の近くに家プロジェクトのチケットセンターがありそこでチケットを買い(400円)島の民家の路地をぬけ→石段を上がり→鑑賞される方の行列に15分程並び→係の人の説明を受けて6人ずつ護王神社の地下部分に懐中電灯片手に入って行き→そこから地上の神殿へのガラスの石段を作品として鑑賞してから外に出る。外に出る時のコンクリートの塀の間の細い&狭い通路から海が見えて→神聖な場所の畏怖から解放される感じが新鮮でしたぜ。
499 ←動物のレリーフがいいでしょ!
少し時間に余裕があったので「安藤ミュージアム」にも行ってみました♫ここはチケットなしで現地で入館料500円を払いますの。建物の土塀に動物や植物のレリーフが掘られていて→周りの民家と馴染みながらもアートする感じがいいなぁと思いました。地中美術館の模型や安藤さんのデッサンなどが展示されていて、建築の本なども販売されてましたよ。この塀を撮ってた時に変わった柄の猫がどうどうと道を横切り安藤ミュージアムに入って行きました♫しっぽをしゅっと立ててどうどうと入って行ったので「安藤さんの化身?」ってわしマジで思いました(笑)
488 ←モネの庭です♫
家プロジェクトエリアからバス移動して→地中美術館チケットセンターで予約チケットを見せて→やっと美術館チケットをゲットして→そこから徒歩5分ぐらいの地中美術館に向かうのですが、道のサイドに「モネの庭」があってモチロン蓮池なんかもあって→これから地中美術館でモネの睡蓮を観る前の前菜を頂いたようなエレガントな気分になりましたよ。(館内にモネの庭があると思ってたので見逃さなくてヨカッタ!)
495 ←やっと辿り着いた〜♫
美術館内は撮影禁止なのでお玄関だけ激写!真っ白のタイルの床の展示部屋なあった大きなモネの睡蓮の絵はもちろん素晴らしかったのですが、この日一日歩き回ったせいか座りながら真四角に区切られた空を見上げる「オープンスカイ」の鑑賞時間が今回の「直島時間」そのものを凝縮してるように感じられ「ふわっ」とほどけました。直島=自然そのものが芸術であり、それをベースにした上でのベネッセハウスであり、家プロジェクトであり、地中美術館であり、草間作品であり、フェリーで海をわたって訪れることであるんだなって感じました。
487 ← モネの庭はいい匂いがするんよ〜♫
ちゅうことで、きょうもここへ来てくれてどうもありがとうdog 17時40分発の帰りのフェリーは夕暮れ時で甲板に出て海風を感じながら体育座りして壁にもたれて「直島最高やった!」と友人と笑顔で島を離れました。3連休の最終日で高速が混んでいて梅田に着いたのは10時過ぎでした。心地よい疲れでした。今年は熊本(阿蘇)伊勢神宮、直島と日本の自然の奥深い魅力にクラクラする小さな旅ができてウレシイです。

| | コメント (0)

2013年10月11日 (金)

トートバッグを縫い上げる会

484←わしは芥子色の糸を選びましたの♫
10月だというのにエアコンが切れません!日中蒸し暑い日が続きますね!でも気分だけは秋ど真ん中のわしです!こんばんは♫9月28日と10月5日の土曜日に閉店後の高波カフェで「革のバッグを縫い上げる会」をやりました〜♫参加者は全員革初心者の4人でした。(わしも初参加だす!)
470←「縫い目の穴あけ」やさしく教えてもらえますよ♫
今回はトートバッグで、ハンドルと底が同じ色でボディは違う色のバイカラーでしたの(お洒落だ!)その組み合わせは4パターンから選べたのですが悩む悩む(笑)結局3人が白のピッグスキンのボディに焦げ茶の牛皮のハンドル&底で、1人が艶のある黒のボディに艶消しの黒のハンドル&底を選びました(わくわく)ステッチは6色ぐらいから選び→そこで個性が出せましたよ〜♫
471←ピースサインマークだ!(まだ作業途中よ)
まずは底を縫い上げます。それができたらハンドルの縫い付け部分のデザインを考え→接着して→銀ペンで下書き→穴開け→縫い上げる行程です。黒の方のデザインがとってもかっこよかった〜〜〜♫3カ所は普通な感じで赤糸、1カ所だけピースサインマークで青糸よ!とたんにロックテイストですぜ〜♫
486 ←もくもくと縫い上げ作業中!
今回から自宅で宿題OKになり(不器用で手が遅いわしが頼んだのじゃ)持ち手の縫い付けが出来てない人は次回までの宿題なので気が楽でした〜〜〜♫もちろんわしは宿題組です!なので不器用な方でも参加してOKよ〜♫作業遅れがちのわしにみんな優しくしてくれてウレシカッタよ〜♫
477←でけた〜♫お家マークわかるかな?
2日目は脇の接着&縫い目開け&縫い上げ。おまけのネームタグ作り&縫い付けでした。3時間×2回で革のバッグを縫い上げるって初心者にとってはマジック!ですよね。わし、かなり手芸にはコンプレックスがあって大丈夫かな?と心配してたのですが→革って手芸よりはクラフト系かもしれませんね。ちゅうのが実感です。
478←オレンジのステッチが大人可愛くてステキですな!
ハンドルが無限大マークみたいな三角2つの縫い付けで洗練されてました♫オレンジのステッチがご本人にとっても似合っていて「マーガレットハウエルっぽいですね」とのお声がかかってましたよ〜♫
476←個性的でカッコいいですね!
おひとりだけの黒!でしたので、白組からは「黒って使える場が多そうでいいね」との声多数でした。ハンドル部分をどうするかでこんなに個性が出せるとは!とわしビックリでしたぜ。「ワイルドだなぁ」(笑)
475 ←軽くて持ちやすい〜♫(ヘビロテですな!)
とっても器用で作業が早くて30分ぐらい時間余ってられました!(うらやましい!)底が白ステッチ&ボディが芥子色。ヌメ革のタグ。洗練された大人のお洒落組が使うバッグが完成しましたよ〜♫
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
ちゅうことで、きょうもここへ来てくれてどうもありがとうdog11月11日と25日の月曜日10時〜13時に「ライダーバッグを縫い上げる会」やります♫ 4名様までなのですが、すでに3名埋まりました。残り1名様募集中です!参加するなら「今でしょ!」興味のある方は高波カフェに連絡してね♫
(10/17 定員になりました。どうもありがとうございました。)

| | コメント (2)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »