« 恋愛小説by原田知世 | トップページ | 新緑の京都茂庵へ »

2016年5月13日 (金)

イエモン天国へGO!

Img_0394 Img_0393
2016年5月11日19:00わしは車を運転していた。助手席には父、後部座席には父の知り合いの上品なおばさま。そうわしはこの二人を伊丹まで送っていたのだ。おばさまはとにかくよくお話しになる方で→感じよく返事を返しながらもわしの耳はFm802に釘づけじゃ!だってだってだって15年間待ったイエモンの復活ライブのオープニング1曲のみ802で生中継なのじゃ!それが19:00スタートなんやぞーん!パオーン!この1曲目はなにかをめぐって既にファンは大盛り上がりで、わしはデビュー曲で吉井さんが「君と僕は過去と未来から強く強く結ばれて!」と歌う前に叫ぶ「Romantist Taste 」を予想じゃ。802のDJ達もブースに集まって予想に盛り上がってましてん!
1996.12.28の見て!
そして国立代々木競技場でライブスタート!ものすごい歓声の中鳴ったのは「プライマル」!!!!!解散ライブの後に発売されたラストシングル「プライマル」解散ドームライブの時に「ぼくたちまた野良犬に戻ります」「きっとまた帰ってきますからおばあちゃんになっても待っててくれますか?」と吉井さんは言ったんだ。それからその時はわからなかったけど「プライマル」の前奏を少しギターで弾いたんだ(cd発売されてからわかって興奮した!)つまりあの時から15年ワープしてのきょうやったんや!ってわし勝手に理解しましてん!おばさまに返事かえしながらも始めて生演奏で聴くことができたスタートの曲「プライマル」に泣きそうになりました。802でも「まさかのプライマル!」って全員熱くなってはりましたわぁ。これファンの人しかわからないかもしれませんがめちゃくちゃカッコイイ予想外でしてん!甘くない攻めの姿勢感じましたぜ!
Fullsizerender_3 ←セットリスト♬
帰宅後→興奮しながら友人とライン打ちまくり(笑)ネットでセットリストGETして→手帳に書いたりしましてん。復活をちゃんと文字で残したかったから。わし過去に執着はほとんどないんですが、戻ってみたい場所が2カ所だけあって、それはイエモンに夢中になってロックカルチャーにも夢中になったわしの「ロック黄金期」と苦楽園時代の高波カフェの最高にイケてたカウンターメンバーのいるあの高波カウンター。どちらもROCKが流れてる色褪せない宝物の時間。
1995年の武道館!
YouTubeでライブをばんばん見てしまうわけですが吉井さんの変貌ぶりがもう最高ですねん!初期のチンピラっぽいおにいちゃん最高!やし昭和歌謡、グループサウンズ、グラムロックいろんな要素が全部血肉となってなんちゅうか「イエモン天国へ連れてってってくれますねん!」やる気まんまんのエネルギーに顔笑っちゃいますねん!ボンジュールジャポン!「ラメ入りの紅茶飲んでぼくたちはゴージャス〜♬」なんて歌ってくれはりますねん!あー幸せやぞ〜♬復活ライブ→わしは7月の神戸のチケットGETできました!どうぞこの日も「プライマル」でスタートしてくれますように!(ロッキングオンのイエモン記事 &まとめ系のイエモンおすすめ!)
Fullsizerender_4 ←あま酒ミルクプリン♬新登場4649。
ちゅうことで、きょうもここへ来てくれてどうもありがとうdogところでわし15年なにしてたんやろう?ってふと思ったです。それぐらいワープしましたわ!音楽の力ってすごいね!おかえりイエモン!大好きイエモン!

|

« 恋愛小説by原田知世 | トップページ | 新緑の京都茂庵へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 恋愛小説by原田知世 | トップページ | 新緑の京都茂庵へ »